川崎鶴見臨港バスの概要および導入車両の歴史と運行状況について

川崎鶴見臨港バスは神奈川県内のバス事業者であり、運行路線では川崎エリアと鶴見エリアを拠点のエリアとしています。川崎鶴見臨港バスは神奈川県内や東京都内のほかに東京湾アクアラインを通じて千葉県にも営業エリアを拡大しており、営業エリアはメインエリアである川崎市の川崎区や幸区、中原区と、横浜市の鶴見区、そして港北区が運行数がもっとも多く、そのほかの路線としては高速バス路線も現在複数の路線で運行しており、東京都大田区内にある羽田空港、東京湾アクアラインを通り東京湾の対岸に位置している木更津市にも運行路線を拡大しています。

川崎鶴見臨港バスの営業エリアは同じ神奈川県内のほかの路線バス運行会社と比較すると多少エリアの広さには狭さを感じますが、川崎鶴見臨港バスで実際に運用しているバス車両の在籍数はおよそ300台以上を誇り、日本の主要工業エリアである京浜工業地帯の重要な輸送手段として日々乗客の方を乗せて運行し活躍しています。

臨港バスのスタート

川崎市と鶴見区を結ぶ路線バスの川崎鶴見臨港バスは昭和12年(西暦1937年)に「鶴見川崎臨港バス」という名称でで設立された会社が礎となっています。この「鶴見川崎臨港バス」という名前の由来は鶴見臨港鉄道というかつて存在した名称の鉄道会社のバス部門が分離して独立したも名称であり、鶴見臨港鉄道はその後現在のJR鶴見線となって運行を続けています。

「鶴見川崎臨港バス」として誕生した翌年の昭和13年(西暦1938年)には鶴見川崎臨港バスが川崎乗合自動車と合併を行い、現在の社名でもある「川崎鶴見臨港バス」に名称を変更しました。

川崎乗合自動車は「鶴見川崎臨港バス」が創業した昭和12年からさかのぼる事およそ15年前の大正13年(西暦1923年)に創業をした大島自動車商会をその起源、つまりルーツとする事業者であり、川崎エリア近辺では当時一番の売上高と会社の規模を誇っていたつるや自動車(その後東横電鉄と京浜電鉄により買収されました)に次いで、規模としては第二位のバス事業者として有名でした。昭和18年(西暦1943年)の第二次世界大戦の戦時中には川崎エリアから日吉エリアへのバス路線設立を目標として計画していた日吉乗合自動車を買収しているという経緯も川崎乗合自動車にはあります。

これ以降川崎乗合自動車は多少のタクシー事業や自動車教習所などの買収等の動きを見せつつ、現在まで続いている川崎鶴見臨港バスのバス事業者としての運用体制はすでにこの頃に形成されています。

このように歴史はおよそ80年以上にもなる川崎鶴見臨港バスは、近年は自社運営の工場の移転などが相次いでおり、実際の運用路線における輸送人員の数自体は減っている傾向にありますが、平成11年(西暦1999年)には子会社である「臨港グリーンバス株式会社」を設立するなど、これまでの神奈川県内の路線バス事業者とは異なった革新的な雇用体系も確立され、高速道路での路線運用など新たな運用サービスを展開しています。

川崎鶴見臨港バスで運用しているバス車両の歴史

昭和初期の時代にバス車両製造メーカーとして名を馳せていた大島自動車商会は、創業当初においてはたった2台の幌型のフォードが在籍する中での創業スタートだったようで、それ以後は、川崎市エリアや鶴見区エリアを運行している川崎鶴見臨港バスではかつて様々なバラエティ豊かなバス車両が実際の運用車両として在籍していました。特に第二次世界大戦真っ只中の戦時中においては、大本営によるガソリン消費規制の影響もあり、一時的に電気で運用する電気バスを投入していた時代もありました。

その後第二次世界大戦が終わり、終戦後の昭和25年(西暦1950年)には通勤利用客数が増加しつつあった川崎鶴見臨港バスのラッシュ対策として、トレーラータイプのバス車両も投入しています。

昭和の終戦直後から高度経済成長期にあたる昭和30年代にかけては、故障の少ないトロリーバスを運用する計画も持ち上がっていたそうですが、川崎エリアの路線バスの管轄である川崎市役所の計画と時期を同じくしてしまった事で共願となってしまった事から川崎鶴見臨港バスでトロリーバスの運用は計画のままで実現はされませんでした。川崎鶴見臨港バスは現在、300台前後のバス車両が在籍していますが、それらの運用バス車両の多くは大型タイプをコンパクトにした仕様の短尺モデルのバス路線用車両により、大勢が占められています。

しかしながら近年、路線バスの利用者の減少およびバリアフリー法が施行された事の影響により、川崎鶴見臨港バスに新車両として投入されるバス車両の多くはミドルタイプの中型のノンステップ車両に移行されつつあります。

川崎鶴見臨港バスで下現在運用されているバスの車種は路線用のバス車両が重荷いすず製と日野製であり、貸切や高速道路用のバス車両が三菱製がメインのバス車両となっていますが、若干数ではあるものの三菱製の路線バスモデルの車両も運用しています。また、人気の日産ディーゼル製のバス車両は現在のところ一台も在籍していません。

川崎鶴見臨港バスの路線バスにおける運行状況について

大正13年(西暦1923年)の年末に当時の路線バス事業者だった大島自動車商会が始めてバスを運用したのが川崎駅から大島四つ角の間の区間でした。その後は、年末年始の参詣客でにぎわう川崎大師までのバス路線を開設するなど、精力的な路線展開を見せ、後に現在の川崎区内のエリアをメインとした路線バスの運用に展開しました。

その一方で、鶴見臨港鉄道は乗降客が増えつつあった鶴見駅西口より寺尾、獅子ヶ谷方面といったエリアへ運行バスの路線を展開し、昭和12年(西暦1937年)には軌道線が京浜エリアの産業道路の建設に伴って接収される事に対する見返りとして、鶴見エリアから川崎大師へと至る路線バスの運用が出来る免許が授与されました。

上記のバス路線は鶴見川崎臨港バスにほとんどが移管されており、現在も当時とほとんど変わらない路線での運用が続けられているほか、第二次世界大戦の戦時中である昭和18年(西暦1943年)には当時買収した日吉乗合自動車が既に川崎エリアから北加瀬エリアへと至る路線を延伸して運行している状態であり、この延伸された路線バスの運用エリアが今日の川崎駅西口から発着するバス路線の礎となっています。

また、高度経済成長期であった昭和30年代には当時の国鉄蒲田駅や国鉄武蔵新城駅にも路線バスの運用エリアを伸ばしていましたが、昭和40年代以降には路線バスの利用者が減少していた時代であり、なおかつ当時は慢性的な交通渋滞が道路状況の悪さから頻発していた為、昭和30年代に延伸された路線バスのエリアは次々と廃止されてゆきました。このような時代を経てそれ以降は、小規模なバス路線開設と開設した路線の廃止が繰り返され、現在の川崎エリアと鶴見エリアを中心とする現在まで続いている営業エリアの事業形態が確立されてゆきました。

川崎鶴見臨港バスの未来像

昭和12年の創業以来、およそ80年以上の歴史を誇る川崎鶴見臨港バスは「筋金入りのバス事業者」としての性質を持つ一方で、川崎エリアの主要タクシー会社である「臨港交通」の運営も行っているほか、川崎駅前のエリアにて不動産事業も展開するなど、川崎エリアや鶴見エリアを中心とした多角的な経営を行っています。また、川崎駅前にある「臨港トラベル」もグループ企業の一つであり、臨港トラベルが企画するツアー旅行は多くの利用客からの高い支持を受けているなど、バス路線だけにとどまらない企業姿勢が「これからの燐光エリアの未来」を背負って立つような、大きな事業へと変換してゆく事が望まれています。

薬剤師求人転職サイト
主婦看護師職場復帰サイト